フランス文化の融合!

コロナ感染拡大の自粛が解かれ、体験レッスンを再開いたしました今回のお客様は国際的に活躍し地唄舞も嗜む大和撫子の旧友からご紹介頂いたフランスの美女たち!
フランスで学生時代から日本語を学び、今は日本で仕事をしている彼女たち。なんと着物も着付けられ、20~30着も待っていて良く着て出かけるそう。
日本人よりも日本文化に精通しています!

初めて箏に触れ、歴史を知り、音を奏で、曲を合奏して、日本伝統音楽のひと時を楽しく過ごして頂きました。

フランスも日本も歴史が長く、文化を大切にする風習が似ていますね!という話で盛り上がりました。私はドイツに縁があり住んだ期間も長いですが、彼女達からフランス文化を学べる良い機会でした。
そしてお一人は箏に惹かれて下さり、早速今月から個人レッスンをスタートすることになりました。私もレッスンが楽しみです!

コロナウィルスによるお稽古状況

コロナウィルスの感染拡大を受けて、先月より箏・三味線・着付け全ての個人レッスン・グループレッスン・体験レッスンなどを引き続きお休みしています。

生徒さん達には申し訳ありませんが、このStay Home期間は自主練習期間として有意義にすごして頂き、そして収束してお稽古再開の際には、また楽しい時間を過ごせればと願っております。
再開は非常事態宣言が解除されてから改めてお知らせ致します。

お箏体験ワークショップ終了

先週末に日本伝統文化協会様と共催で『お箏の体験ワークショップ』を開催させて頂きました。
今回のご参加者様たちは全員が”初めてお箏に触る”方々でした。前回の講演会で『箏』の知識や歴史をある程度お話ししていましたので、ワークショップでは実技をたっぷり楽しんで頂きました。

どこがどの数字?どうやって楽譜を読むの?どんな格好で弾いたらいいの?などなど疑問を1つずつ紐解いていきます。

そして皆さんが知っている”さくらさくら”を初め、知っている日本の童謡を中心に4曲も体験!チームに分かれて演奏披露をしあったり、低音箏との合奏まで楽しんで頂けるほど2時間であっという間に上達しました!

多くの方にご参加頂き、楽しんで頂けたことを嬉しく思います。

講演会アフターレポート掲載(共催:日本伝統文化協会様)

先月に行いました講演会のアフターレポートを掲載してくださっています。
https://jcbase.net/report-200124-2/
普段 色々な業種のお仕事をされていらっしゃる方が平日夜に集まってくださり、日本伝統音楽に興味を持ってくださり嬉しかったです。ありがとうございます!約70~80分にギューっと『箏・三味線・尺八』の歴史や楽器の説明、文化背景や豆知識などをお話しし、演奏を披露、そして講演の後には参加者の方々にちょこっとお箏の体験もして頂きました。恐る恐る弾く方、思いっきり弾く方、いろんな方がいらっしゃり私も楽しませて頂きました♪

ゆっくりの実体験は今週2月9日(日)に開催いたしますので、ご興味がある方は是非ご参加ください♪
https://jcbase.net/event-20200209/

お箏体験ワークショップを行います(共催:日本伝統文化協会様)

お箏の体験ワークショップ(グループ)を日本伝統文化協会様と共に2月9日(日)に開催いたします。
お箏に触れたことがない方も、ちょっと経験がある方も、気軽にご参加頂けるプログラムです。
先週24日に日本伝統音楽の講演をさせて頂き、その延長線としての体験ワークショップですが講演にご参加出来なかった方でも楽しめるプログラムになっております。

堅苦しくなく、しかし趣と品格のあるお稽古場で日本伝統楽器に気軽に触れて頂ける機会です。

【開催概要】
日時:2020年2月9日(日)10:00~12:00
会場:柳内伝統音楽・文化院
   東京都世田谷区松原5−61−8 
会費:3,000円
 ※当日キャンセルは返金対応ができませんので、ご了承ください。
詳しくはこちらをご覧下さい。
https://jcbase.net/event-20200209/

日本伝統音楽に関する講演会(共催:日本伝統文化協会様)

2020年1月24日(金)19時〜@汐留にて、日本伝統音楽に関する講演をさせて頂きます。日本文化の再発見や伝統文化を楽しみながら次世代へつないでいく活動をしている日本伝統文化協会様でのイベントです。
講演…と言っても堅苦しいわけではなく、日本伝統音楽ってどんなもの?という〝はじめの一歩〟をお伝え致します。誰でもご参加頂けます〜!場所は汐留なのでお仕事帰りに来やすい方も多いかと思いますので、気軽にご参加ください。
詳細はこちらから→ https://jcbase.net/event-200124/

来月2月9日(日)には、このイベントの延長線として有志の方々向けに 稽古場にてお箏の体験グルーレッスンも予定しております。

小学校での演奏公演

明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い致します。

先日、小学校で演奏してまいりました。今回の訪問先は『私立成城学園初等学校6年生』でした。
小学校に併設されている立派なホールで気持ちよく演奏させて頂きました。お正月!といえばお馴染みの「春の海」や小学生も知っているJ-POP『365日の紙飛行機』など多岐に渡りました。そして、小学生達全員がお箏に触れる機会を設け、『わー!難しい!』と言う子もいれば、『思ってたより簡単~!』など様々な感想が聞けて嬉しかったです。

詳細の内容や写真はこちらに↓掲載して頂いておりますのでご覧ください!子供達のキラキラした笑顔が素敵です!

https://www.seijogakuen.ed.jp/shoto/school-life/journal/krvrc800000057j9.html

↓下記はリハーサルの時の写真ですが↑上記の学校のサイトでは演奏や体験レッスンの様子が掲載されています!

着付けは楽しいが一番!

国士舘大学で今年度よりスタートした着物着付けの授業。多くの学生が着物に興味を持っている事を嬉しく思い、そして同時に重責を感じております。彼女達の興味を膨らませられるか否か、好きになるか嫌いになるか…そう、私次第。

なんと今年度春期履修生の90%が『半期だけじゃなくて、秋期にも、もっと習いたい!』と初級からのステップアップを希望しているのです。
あぁ、教えて良かった!と思う瞬間(涙)授業を楽しめている証拠だな~と嬉しくなります。

そうなのです。眉間に皺を寄せて”伝統文化”を硬く学ぶのではなく、まずは伝統文化にワクワクと興味を持たないと意味がないのです。彼女達にはそのワクワクが生まれているのだと、指導者冥利に尽きます。

ただし現状は大学では初級クラスのみ開講しています。今のご時世、大学講義内に新規の授業枠を増やすのは、なかなか至難の技。。。中級クラスも設置される事を期待している昨今です。

先々週は筆記の小テストを行い、今週は着物の畳み方のテストでした。たまに『着物を着れます!』と言っても正しい畳み方を知らない方がいらしゃるので、そうなっては困る…と思い、学生達に正しい知識を身につけてもらおうと思っています。

アメリカからのお客様

今月、アメリカ・ノースカロライナ州にある大学の学生達が日本研修の一環で稽古場を訪問して下さり、箏の文化・演奏体験をして頂きました。

大学では日本語や日本文化を選択し勉強している学生達。長旅を経て来日したのはなんと前日…。翌朝早くから、目をキラキラさせながら楽しく勉強してくれる学生達から、『興味があることに関心を示す輝かしい姿』を感じ取りました。そして”若さって素晴らしい”とも!

通常お箏の楽譜は漢数字を使いますが、限られた時間の中での体験では漢数字を覚えるだけでも時間がかかるため、楽譜を算用数字に変換した楽譜を特別に用意し、日本の代表曲として『さくらさくら』、世界共通で知られている『きらきら星』を演奏しました。

全員が真面目で積極的で、とても素晴らしい&Smartな学生達。普段教えている日本の大学生達とは全く違った雰囲気で私自身も良い刺激を受けました!

終わった後には、お抹茶とお干菓子・和菓子でTea Time。

このような日本に興味がある方々が増え、そして日本人自身も日本文化に改めて注目する流れができれば良いなぁと思っております。微力ながらその流れを作れるように尽力してまいります。

今回、学生達をアメリカから引き連れ、訪問してくれた元MTVの同僚”モッティ”!学生達は彼の教え子達です。お互いに教育者となった今。これからもよろしくお願いします♪